士幌町の農業

食の安全・安心へのとりくみ

JA士幌町では、安心・安全な農畜産物作りへの取り組みを積極的に行っています。そのひとつが「トレーサビリティシステム」の導入です。士幌では、生産物の履歴から加工・流通に至るまでの情報をデータベース化し、製品の生産情報を開示できる体制を整えています。さらに、生産履歴データベースを集計・分析することで、品質・生産性の向上に役立つ栽培技術資料を作成し、生産者にフィードバックしています。

JA士幌トレーサビリティシステム

JA士幌トレーサビリティシステム

「安全・安心」→「証明できる品質」
  • 生産→加工→供給の「一貫システム」の充実強化
  • 「量の産地」から「品質の産地」へ
  • 「安全・安心をお届けする産地」へ
  • 土づくり・適正輪作体系を基本にした高品質・安定生産
JA士幌町安全・安心な農畜産物づくり運営規定
  • 「生産基準」に基づいた生産遵守
  • 「生産履歴」の出荷前提出を義務付け・実施
    (全生産者~作物・作期別)

生産履歴記帳(栽培実績の記録)

生産履歴記帳(栽培実績の記録)

生産履歴記帳(検証作業・データベース化)

生産履歴記帳(検証作業・データベース化)

残留農薬自主検査概念

残留農薬自主検査概念

     
  • しほろ牛肉
  • 職員採用情報
  • 気象情報組合員以外の方はこちら
  • 農協記念館
  • 今月の広報誌ユートピアしほろ
  • 味の素KK 士幌ポテト サラダシリーズ
  • じゃがい問題研究所
  • わかもろこし公式ホームページ
  • JAグループ北海道
  • e農net
  • みんなのよい食プロジェクト